トップページ > ブログ > お客様の素朴な疑問にお答えいたします > ヘリウムガスを入れた風船をずっと浮かせたい

ブログ

ヘリウムガスを入れた風船をずっと浮かせたい

2018.03.30

ゴム風船にヘリウムガスを入れると、ぷかぷか浮かびますよね。

やっぱりぷかぷか浮かんでると、かわいいもんです ^^

でもヘリウムガスは時間とともに抜けていって、翌日には風船は落ちてしまいます。。。

それはしょうがないこと、ではあるのですが、実は私たちプロが使う便利アイテムがあるんです。

その名も「ウルトラハイフロート」!

要は、ゴム風船専用の「のり」なのです。

通常12時間程度浮かんでいる風船が、このウルトラハイフロートを入れると2~3週間浮かんでるのです。

使い方は、ポンプのノズルの先に風船をかぶせて、中に液を少量入れます。
この時、できるだけ風船の先端(奥)に入れるのがポイント。

そして風船をもみもみして、風船の内側全体にハイフロートを塗布するのです。
すなわち、のりで風船の内側に膜を作る感じでしょうか。

しかし、このハイフロート、かなりの超がつくのり具合です ^^;
手に付いたらべっとべと。机やあちこち付いたらたまりません。

なので、使うときは万一に備えてビニールを敷いて行ってます。そしてノズルは使わないときは上にくるっとむけておきます。じゃないとタラ〜っと落ちてくるんです。

 

まんべんなく内側に塗布できたら、すぐにヘリウムガスを充填します。

ガスを入れるのは、こういうガンタイプがおすすめ。なぜなら、ガスの口が上に向いているタイプだと、風船をかぶせたら、のりが流れて器具に入り込んでしまうからです。

このガンタイプなら、下向きにしてガスを入れることができるんです。

はい、10個ばかり膨らませて束ねてみました ^^

か〜わ〜い〜い〜 ^^

これ実は明日ちょっとした飾り付けに使ったあと、明後日は事務所内での撮影に使う予定。
2週間は浮かんでるので、ばっちりです ^^

調子にのって、ハイフロートの量が多いと、結ぶときに溢れでて手につくし
ガスを入れても、重くて浮かばないという。。。はい、失敗です ^^;

プロ向け商品なので、ウルトラハイフロートは通常販売はしておりませんが、やってみたいという方は取り寄せいたしますので、ご連絡くださいね ^^

 

記事で使った商品

・バルーンアート用 無地の風船 11インチ ホワイト

・雲柄風船は、現在は単品販売しておりません。

・カーリングリボン

 


バルーンポップ