トップページ > ブログ > バルーンアート制作、風船活用事例 > 摩訶不思議な立体的なバルーン

ブログ

摩訶不思議な立体的なバルーン

2018.08.19

先日、お客様から「お花の風船ありますか?」というお問い合わせをいただきました。

ゴム風船なら、花形のジオブロッサム。こちらをご紹介しましたが、今ちょうど今月末のイベント装飾の準備をしていて、その中でお花(ハイビスカス)の立体バルーンを使うのでした。

これがちょっと変わってます。

膨らませる前はこんな感じで半分になった形をしています。

 

ハンドポンプで、シュポシュポと空気を入れていきます。

すると、パカッと音がしたと思ったら

なんと風船が割れ始めたではないですか!

二つ折にした状態で、金型を使って溶断してるんですね(きっと ^^;)

さらに膨らませ続けると、こんな感じに。

みごと5枚の花びらができました。

ひっくり返すと

さらに中央をひっこめて、ほら

かわいらしいハイビスカスのできあがり〜。

結構な大きさです。

オレンジと一緒に、今月末のイベントに登場します。

立体成型のバルーンも、いろいろと種類が増えてきました。

このハイビスカスはすでに廃盤になり、当店在庫のみとなったのが残念。

バルーンも日々進化しているんです ^^

 

 

 


バルーンポップ