バルーンアート用の風船、大きい風船、ハートの風船、細長い風船、プロが使う高品質の風船を販売。

トップページ > ブログ > 風船、バルーンアート小ネタ

ブログ

カテゴリー:風船、バルーンアート小ネタ

風船配布に便利!紐と持ち手の重りが一体化したクリップ

2016.04.21

ヘリウムガスを入れたぷかぷか浮かぶ風船。
この風船配布は、販促集客に昔から効果的と大人気です。

配布の際、気をつけないといけないのが、誤って空に飛ばしてしまうことです。

特にお子さまへ渡す時など、重りがついていないとうっかり飛ばしてしまうことが容易に想像できます。

万一電線に引っかかったり、浮力が足りず道路に落ちたりすると危険です。
そんなリスクをなくす為にも、重りのついた風船を渡すのが一番!^^

それがこの便利グッズの「どうぶつクリップ」です。

gm04

紐と持ち手である重りが一体になったすぐれもの ^^

その使い方を動画にしてみました。

 

この使い勝手のいい「どうぶつクリップ」はこちらでご購入いただけます。

バルーンポップ どうぶつクリップ

 

 

 

 

水色の風船もいろいろ

2015.05.15

弊社で取り扱っているQualatexのバルーンの中で
いわゆる「水色」と呼ばれる色に、近いのも合わせると3カラーあります。

ペイルブルー(当店ではこれを水色と呼びます)

ロビンズエッグブルー(トーンの落ちた落ち着いた水色)

ペリウィンクル(水色と青の中間)

次の装飾に使うバルーンの配色を決めるのには、
やはり一度膨らませて確かめてみるしかありません。

今回はホワイト、オレンジ、そして水色の3色の予定です。

AA1I2071

右からペイルブルー、ロビンズエッグブルー、ペリウィンクル

 

うーん、悩みますね。

 

好みにもよりますので、膨らませた風船をみて
じっくり決めましょうか ^^

風船ってどのくらいもつの【5、暑さは苦手】

2014.07.06

天然原料100%でできているゴム風船、
これからの夏、厳しい季節になります。

輪ゴムを出しっぱなしにしていると、白っぽくなって
簡単にちぎれちゃったりしますよね、それとゴム風船も同じです。

 

悲しいかな、暑いところに置いておいたりすると
こんな風に、ゴム風船同士がくっついてしまうこともあります。

P1090168

 

暑い場所、屋外はもちろん、屋内でも気温が高かったり直射日光があたったり
車も夏場は高温になりますね。
風船の移動にも注意が必要です。

 

夏の屋外で直射日光に当っている風船、3時間もすればパンパンと割れる事もあります。
夏の屋外でのゴム風船の利用は、基本その時限りと思って
1日中というのは常時メンテナンスできるよう、スタンバイしておく必要があります。

 

また、膨らませていない風船も、保管には少し気をつけてください。
まずは風船そのものをだしっぱなしにしないで、ビニール袋に入れましょう。
密閉の必要はありません。

 

そして照明のあたらない、引き出しなどに入れておくのがベストです。
照明焼けしますのでね。

 

冷暗所に置きましょう、ということも言ってますが、無理に冷蔵庫に入れる必要はありません。
というか、それはNGです。

冷蔵庫から出して温度差によって風船に露がつくこともあると思います。

 

また、窓辺など高温になる場所に置くのは避けてくださいね。
ゴムがやわやわ〜になって、膨らませた時に割れやすくなります。

 

弊社ストックルームでは、エアコンを使って一年中温度湿度管理をしています。
これで安心してお客様のもとに、健康な!?ゴム風船をお届けできるのです ^^

 

 

 

風船ってどのくらいもつの【1、ゴム風船の原料】

風船ってどのくらいもつの【2、最初の兆候】

風船ってどのくらいもつの【3、もたせるには】

風船ってどのくらいもつの【4、しぼむ原因は?】

風船ってどのくらいもつの【5、暑さは苦手】

 

 

 

風船ってどのくらいもつの【4、しぼむ原因は?】

2014.07.06

やはり「もつ」という感覚、人それぞれですよね。
前述の通り、白っぽくなっていたら、もうダメだったり
いえ、問題ない、という人もいらっしゃると思います。

膨らんだ風船が目に見えてしぼんでしまったら、
もちろん「もたない」状態ですが、その許容範囲もそれぞれ。

 

膨らませた風船は、中の圧力が外の空気よりもわずか大きいため、
内部の空気がごくゆっくりと抜けていき徐々にしぼんでいきます。

そのスピードが、さまざまな環境要因によって異なる訳です。

 

弊社1階のミーティングスペースは、毎日の利用ではありません。
そこで撮影で使った写真がありますので、
撮影日と一緒に比べてみましょう。

 

その1、クリスマス用のつながる風船

 

こちらの撮影日 11月8日  表面に光沢がありますね ^^

P1160691

 

こちらの撮影日 12月26日 約2ヶ月弱経っています。
つや感がなくなってますが、若干丸みも減ったように見えますが、まだ膨らんだ状態です。

P1170240

 

 

その2、現在もそのままになっているつながる風船 ^^;

こちらの撮影日 4月9日

AO1I7982

 

こちらの撮影日 本日7月6日 なんと3ヶ月!
右端のライムグリーンは、すぐにしぼんだものです。
やはり艶はなくなってマットな感じになっていますが、それでも膨らんでますね ^^;

いや、誰かそろそろ片付けようよ ^^

P1220375

すぐにしぼんでしまったのは
結び方がいまいちだったのか(緩くてもキツくてもダメ)、
たまたま風船にピンポイントの小さな小さな穴があいていたのか(大きければ膨らましてる途中で割れます)
あとは、原因不明。
これも想定しておき、その都度付け替えるようにするのです。

 

 

その3、たまたま作ったゾウさん

こちらの撮影日 7月20日

P1150358

 

こちらの撮影日8月10日 1ヶ月弱たつと〜〜〜

ありゃ?

P1150838

いつの間にかストックルームのダンボールのところに追いやられ
両面テープでくっつけていた顔のパーツが落ち
それでも誰かが風船の端切れで鼻と口をくっつけて・・・ ^^;;;

帽子のハートとその下の花形の風船ジオブロッサムの膨らみが若干ゆるくなってること
一番は5インチの目がちっちゃくなっていること。

体部分は、11インチと5インチですが、こちらはあまりしぼんだ感はないですね。

 

たまたま写真データから、比較できそうな3パターンを紹介させていただきましたが
どれも、直射日光があたっていない、人が触っていない!

そして、少々しぼんでもわからないようなデザイン(ゾウさんは除く)
というのが大きなポイントですね。

 

この検証実験、またいつかオブジェなど作って
劣化の様子を掲載したいと思います ^^

 

 

 

風船ってどのくらいもつの【1、ゴム風船の原料】

風船ってどのくらいもつの【2、最初の兆候】

風船ってどのくらいもつの【3、もたせるには】

風船ってどのくらいもつの【4、しぼむ原因は?】

風船ってどのくらいもつの【5、暑さは苦手】

風船ってどのくらいもつの【3、もたせるには】

2014.07.06

例えば、イベント当日は時間がないので
予め前日に膨らませたい。

 

そんな時は、膨らませた風船を、大きなビニール袋に入れたり
布でくるんだりしておけばいいです。
これが最もお手軽な方法!

 

こんな感じです ^^

P1160991P1200398
P1120034
P1120008

 

ギフト用のアレンジやラッピングバルーンも、
ゴム風船を使用していれば、必ずフィルム等で包みます。

AO1I7870

 

さらに、イベント前日に組み立てたバルーンアートのコラム(柱)も
こんな感じで巨大袋ですっぽりと ^^
ちなみに高さ約180cmです。

P1220060

ビニール袋は、私のこれまでの使用感から
スーパーでもらう薄いシャカシャカのタイプが、静電気が比較的おきにくくて
おすすめです。

 

さらにさらに、我が社の秘密兵器は、巨大布袋!
布を縫い合わせて作った縦横4メートルの袋!
コンサート会場の150cmの風船も、出番まで包んでおきます!!! 保護にもなりますしね ^^

IMG_0475

 

と、これがお手軽にできる、酸化防止対策です。

 

あとはプロ用の、曇りにくくする液体なんてのもありますが
これは、オブジェ等用ですので、お子さまが触ったり配布する風船には
あまりおすすめではない、というのが個人的な感想です。

 

風船を膨らませて、ご利用まで時間がある時は
袋や布に入れる!

これぜひやってみてください ^^

 

 

 

風船ってどのくらいもつの【1、ゴム風船の原料】

風船ってどのくらいもつの【2、最初の兆候】

風船ってどのくらいもつの【3、もたせるには】

風船ってどのくらいもつの【4、しぼむ原因は?】

風船ってどのくらいもつの【5、暑さは苦手】

 

 

風船ってどのくらいもつの【2、最初の兆候】

2014.07.06

風船ってどのくらいもつの【1、ゴム風船の原料】
ゴム風船は天然原料100%で作られているので
自然環境の要因を受けてしまうということを、説明いたしました。

 

それでは、ここに弊社にて行なった検証をご紹介いたします。

 

まず1枚目。
同じ大きさに膨らませた透明(といってもガラスのような透明感ではありません)の
風船の中に、やはり同じ大きさに膨らませたニコちゃん(はっきり色がわかるように、
紫をチョイス!)を青、黄、赤のスティックに留めて3本用意しました。

風船のもち

ちなみに、この検証を行なった日は7月2日。11時スタート。
気温29度、湿度65%。曇り。エアコンなしでも過ごしやすい日でした。

AO1I8727

 

まず左から、青の風船は、このまま室内に置いておきます。

AO1I8717

 

黄色の黄は太陽の黄色!!ということで
黄の風船は、曇り空で直射日光も弱い屋外へ。

AO1I8714

 

そして赤は、袋にすっぽり包んで室内に。
せっかくなので、リボンでキュ〜トにね ^^

AO1I8716

 

さて、11時にスタートして4時間経過、15時になりました。
どうなったでしょうか ^^

 

ジャジャンッ♪

 

はい、この通り。

 

AO1I8742

わかりますか?

角度を変えると、もっとわかりやすいみたい。
AO1I8752

 

そっか、繋げると比較しやすいですね ^^

 

そしたら、どんっ!

p5

 

左から、室内にそのままの状態で置いておいたものは、少し表面が曇っています。

真ん中の黄は、外に出しておいたので、すっかり白っぽくなって
中のニコちゃんもよく見えなくなってしまいました。

右の袋で覆っておいたものは、袋からだしても、ほとんど膨らませた時と変わらないほどの
クリアな状態のままです。

 

私的には、7月ですから、もっと違いが顕著にでるかと思ってましたが ^^;
そこまでもなかったようです。

この時は、まだ室内でもエアコンもいらない、そして梅雨まっただ中で
外も曇り空。

 

これが8月の真夏となると、今回は4時間経過後でしたが、
恐らく数十分もすれば、このような結果になってしまいます。

 

反対に12月くらいになると、屋外はさすがに曇りますが、室内に裸でおいておいても
3日たってもさほど曇らなかったりします。

 

この結果からもわかるように、膨らませた直後からゴム風船の分解は始まり
酸化による変色、つまり白っぽく曇ってしまうのがその最初の兆候です。

そして徐々にゴム膜から中の空気が抜けていき、しぼんでしまうことになるんです。

 

白っぽく曇るのはどのゴム風船にも言えることであり、特に透明や黒などは
他の色に比べて顕著に見えてしまうということが言えます。

そして、曇り止めには、ビニール袋などに入れて口をしばっておくといい
ということもわかりますね。

 

こちらでご紹介した風船
11インチ丸い風船ダイヤモンドクリア
5インチスマイルジェルアソート

 

 

 

 

風船ってどのくらいもつの【1、ゴム風船の原料】

風船ってどのくらいもつの【2、最初の兆候】

風船ってどのくらいもつの【3、もたせるには】

風船ってどのくらいもつの【4、しぼむ原因は?】

風船ってどのくらいもつの【5、暑さは苦手】

 

 

 

 

風船ってどのくらいもつの【1、ゴム風船の原料】

2014.07.06

お客様から

「風船って、膨らませてからどのくらいもつのですか?」

というご質問をいただくことがあります。

これは非常に答えにくいご質問で、まず申し上げるのが

「一概には言えない」ということです。

「もつ」という感覚が人それぞれ一定ではないというのもありますし、
いつでもどこでも同じ、ということではないからです。

 

まずゴム風船は、何からできているのでしょう。

こちらがゴム風船の原料になる、樹液を取る為のゴムの樹農園です。
2004年 タイのプーケットにて撮影させていただきました。

ゴムの木 農園

樹液を採取する部分をアップすると、こんな感じ。

p2

刃物でス〜っと樹皮を削ると、そこからジワ〜っと樹液がでてきて
それを右下に見えているカップに受けます。

白く固まった樹液が見えますよね。

一晩でカップ1杯。200ccくらいでしょうか。

これが天然ゴムのラテックス、つまりゴム風船の原料です。

 

天然原料100%で作られているゴム風船、
分解作用は空気に触れたとたんに、つまり膨らませると急速に始まります。

気温湿度、紫外線の影響をうけ、日光や水によって分解され
最後は自然に還る、地球にやさしい商品です。

だからこそ、自然環境の影響をもろに受けてしまうということなんです。

 

ゴム樹農園、精製工場視察レポートは
こちらに掲載しています。

 

 

 

風船ってどのくらいもつの【1、ゴム風船の原料】

風船ってどのくらいもつの【2、最初の兆候】

風船ってどのくらいもつの【3、もたせるには】

風船ってどのくらいもつの【4、しぼむ原因は?】

風船ってどのくらいもつの【5、暑さは苦手】

 

 

風船飛ばし(バルーンリリース)で想い出に残る演出を

2014.05.26

AO1I8089

先日は、風船飛ばし(バルーンリリース)の演出のお手伝いを行ないました。

私たちも、この風船飛ばしは大好きで、
一斉にそれぞれの想いをのせた風船が、大空の中に一斉に放たれ
空高くあがっていく様は、とても美しく、感動的です。

昨年に続き、実行委員会の皆さまのご希望通り、お手紙を付けて飛ばしました。

この風船飛ばしにも、それなりの注意が必要です。

それをご紹介いたします。

風船飛ばし バルーンリリース

その1、飛ばす風船は、100%天然原料でできているゴム風船であること。

その2、風船に付けているものも全て成分解するもの。
今回は、紙紐、紙の手紙。
プラスチックの留め具や、手紙を留めるのにホチキスは使いません。

その3、上空まで飛んでいくのに十分な浮力があること。
特に手紙を付けるのであれば、その重さも考慮します。
単に飛ぶだけでなく、待ち時間から上空へ飛んでいく時間も考慮する必要があります。

その4、手紙は、できるだけ風船の根元に結びつけること。
紐の先端に取り付けた場合、万一電線などに絡んだりすると大変です。

その5、手に持つ紐も、長過ぎないこと。
これも絡み防止です。

浮力が足りず、上空に行くまでに落ちたりすると危険を伴います。

安全を第一に、きちんと知識を持って行なえば
風船飛ばしは、すばらしい演出になります。

アンパンマン列車に乗って高知へ

2013.04.01

P1120474

ちびっ子だけでなく、大人も大好きアンパンマン。

パルーンポップでもこんなアンパンマンはよく作ります。

週末に四国は高知県は行ってきました。
新幹線で岡山まで行き、岡山から高知へは在来線に乗り換えます。

 

ホームで私を待っててくれた列車は!

ジャジャ〜〜〜ン!!

 

529977_503364016377360_542495227_n

アンパンマン列車に乗って、高知県に行ってきました ^^

 

ちなみに、写真のバルーンアートのアンパンマンに使うバルーンは

260Q レッド(赤色の風船) 徳用100本入

バルーンアート用 260Q レッド(赤色の風船) 徳用100本入

 

260Q ブラッシュ(肌色) 徳用100本入

バルーンアート用 260Q ブラッシュ(肌色) 徳用100本入

 

ギョロ目バルーンを作る

2013.03.28

P1120020

 

ギョロ目ちゃん、机に出現!・・・ ^^;

なかなか、かわいいじゃあ〜りませんか。

 

といってもやっぱり邪魔ですかね。

 

ちょっとした技を使って目を作りました。

目になる前はこんな感じ

P1120018

 

これでチューリップツイストをする訳ですね。

その捻る場所がなかなか同じ位置にならずに、並べた時に「おんや?」ってなったり
またそれも愛嬌と申しましょうか・・・
たくさん作ると、指先が痛くなるんです  ^^;


バルーンポップ