オリジナル印刷・名入れ風船、バルーンアート専用風船、大きい風船、ジェット風船など販売。

トップページ > ブログ > お客様の素朴な疑問にお答えいたします > 風船を天井に敷き詰めたいor床を埋め尽くしたい、何個必要?

ブログ

風船を天井に敷き詰めたいor床を埋め尽くしたい、何個必要?

2018.04.16

海外のパーティーシーンでは、よく天井をぷかぷか浮かんだ風船で埋め尽くしているシーンが見られます。

一体、何個の風船を使ったらいいいのでしょうか?

どう考えたらいいでしょうか?

試しに、1m四方を直径25cmに膨らませた風船で埋めることを図で考えてみましょう。

Aは、きちんと整列した場合ですが、こんなきちんとなるわっけがない!^^;
結構隙間があってもいいなら、16個となります。

そう、通常あっちゃこっちゃと風船は漂いますから、Bを想定するのがいいかと思います。
となると、20個。オレンジのははみ出した部分で隣の枠のものと考えましょう。

もちろん計算で出すこともできます。

昔見たような公式ですね ^^

計算でも20個となりました。

しかし、きちんと直径25cmになるかどうかも微妙です。当然小さく膨らませると数はたくさん必要になります。
風船を使う時は、割れるなどのリスクも考えて、常に2割増しを用意されると安心です。

もちろんもっとわさわさ重なるくらいにしたければ、多くご用意いただければいい訳です。

 

天井にぷかぷか浮かばせるのもいいですが、床に風船を敷き詰めるのも非日常の演出ができます。

こちらは、その数1111個の黒い風船を敷き詰めました ^^ あやしいでしょ〜。

 

風船を敷き詰め作戦で、非日常を演出を楽しんでください ^^

 

今回の記事に登場したバルーン

バルーンアート用無地の丸い風船 11インチ パールピンク、シルバー、オニキスブラック

ヘリウムガス

カーリングリボン

 

 

 


バルーンポップ