バルーンアート用の風船、大きい風船、ハートの風船、細長い風船、プロが使う高品質の風船を販売。

トップページ > バルーン基礎知識 > 風船の豆知識 > 輪ゴムづくりにチャレンジ!

バルーン基礎知識

輪ゴムづくりにチャレンジ!

2017.08.03

輪ゴムづくりに、Let’s チャレンジ♪

風船・・ゴム風船・・ゴム・・・輪ゴム ということで輪ゴム作りに挑戦してみました!
せっかくなので子どもの夏休みの課題にしちゃいました(^^)

●用意したもの●
・ラテックス(ゴムの樹液)
・クエン酸
・コップ ・スプーン ・コルク

ラテックスのふたを開けたら強烈な臭い・・・これはラテックスが固まらないようにアンモニアが加えてあるからなのです。

 

輪ゴムの作り方

1.アンモニアを中和させるためにクエン酸を使います。
あらかじめ少量を水に溶かしておきます。

 

2.きれいなコルクを、ラテックスのビンにどっぷりと漬けます。
このくらいかな~・・・

 

3.クエン酸を溶かした液に付けます。
10~20秒たったら ラテックスが固まるんです。

少しするとドロドロとしてきました。

 

4.急いで洗面所へ。
余分な液を水で洗い流すとともに、水流を使ってコルクからはがしやすくします。

 

5.くるくる~と丸めていくと、簡単に取れます。

 

6.コルクからはずして乾かすと、輪ゴムのできあがりっ!

 

7.時間がたつと、水分がなくなってきて茶色っぽくなってきました。
ほーら、ちゃんとびよ~んと伸びます。
これが結構丈夫なんですわ。

この後小さいゴムボールも作りました。
スーパーボールもどきってとこでしょうか。

 

● 感 想 ●

ラテックスは臭かったけど、実験しているみたいでおもしろかったです。
輪ゴムも風船もタイヤも、このラテックスからできているんだと知ってびっくりしました。
しかもそれがコロンブスによって世界に伝えられたと言うのも驚きです。
へぇ~へぇ~へぇ~へぇ~・・・

 

 


バルーンポップ