バルーンアート用の風船、大きい風船、ハートの風船、細長い風船、プロが使う高品質の風船を販売。

トップページ > バルーン基礎知識 > 風船の豆知識 > ゴム風船の原料「ゴムの樹の樹液」

バルーン基礎知識

ゴム風船の原料「ゴムの樹の樹液」

2017.08.03

ゴム風船の原料「ゴムの樹の樹液」を見るため、タイへ行ってきました

やってきました、ここはタイのゴム農園。
予想とは異なり、ゴム農園というよりはゴムの樹の林といった趣きでした。背の高い樹が整然と並んでいます。大大木で樹高は35mにもなるそうです。高さの割に、幹はあまり太くないんですね。
下草があまりないのが手入れの行き届いた、いい農園だとか。だからここはグー!

 

ほんのうす~く樹皮を削ぎ、にじみ出る樹液(ラテックス)をカップに受けます。樹液採取作業のことをタッピングといいます。固まった樹液が残っていますね。

樹液を採取するのは朝(深夜)の2時、3時頃から。大変な作業です。
1本の樹で約3時間くらいかけて200~300cc集め、そして陽があがらないうちに集積所に持っていきます。陽がでると樹液は固まってしまうから、時間との戦いですね。
どの樹にも採取を終えた印に、黒いカップが伏せてありました。

1本の樹で、まず表面約5年、裏面約5年、さらにコルクのように再生した表面 約5年、裏面約5年・・・と25~30年間採取するのだそうです。

ちなみに上の写真は我が家の観賞用ゴムの木。クワ科のインドゴムノキです。
下が樹液を採取するトウダイグサ科のパラゴムノキ。えらい違いですね~。

上の写真、人がちっちゃく写ってます。ゴムの樹の高さがよくわかりますね。
ゴムの樹を伐採すると、家具やフローリングなどの建築材や玩具へ、有効にリサイクル活用されています。

 

ゴムの樹から採取した樹液は、これからどうなるのでしょうか。

荷台に樹液(ラテックス)を積んだトラックが精製工場へやってきました。
まずは入口にある高台で少量 抜き取り、受け入れ検査が行われます。

樹液(ラテックス)の約70%は水分です。樹液のゴム分が実際どのくらいかを調べます。
どうやら左の機械でチンして酸化させると固まるので、それで解るみたいです。

トラックから樹液(ラテックス)がドボドボ移されています。
採れたてのラテックスは白く、さらさらしていました。 側に底がパンチング状のものがありましたが、
これで一度漉したのでしょうか。

蓋の開いたところからのぞくとお~樹液ちゃん。気泡がたくさん、生きてるんだね。
どでかい貯蔵タンクがいくつもあります。

これが遠心分離機です。いよいよ樹液を遠心分離にかけ、水分を飛ばしていきます。
右のアップの写真、機械がなんとなくおちゃめな表情に見えるのは私だけでしょうか・・・

遠心分離機は、3時間で機械を止めて、分解して洗浄します。機械の内部にびっちりついた固まりを取り除いて
丁寧に洗うのです。見た目にも大変な作業です。

なにやら、分厚い扉を開けると、そこには秘密の?機械が。
これは再精製用の遠心分離機。純度の高いラテックスができるのです。
製品としては、手術用の手袋やコンドーム、あとバルーンにも使われるとか・・・

おや?白くてプニョプニョしたお豆腐状のものが出てきました。
これは遠心分離で出た廃液を固めたもの。
この中にも約1.5%のゴムが含まれています。
これを固めて(茶色くなります)海外に出荷します。靴底などに使われるとか。

最後は別棟にある試験場。
様々な品質検査をパスしたラテックスは、海を超えて海外に運ばれていくのです。

このレポートは、商社や工場の責任者の許可を得て写 真などを掲載しています。無断で転用・転載することを禁止しています。

 

 


バルーンポップ