バルーンアート用の風船、大きい風船、ハートの風船、細長い風船、プロが使う高品質の風船を販売。

よくある質問

質問の部分をクリック(タップ)すると、答えが開きます。

現在、仕事でバレンタインの装飾を考えています。御社のHPに掲載されているハート型のバルーンを使いたいと思っています。(ハンドポンプも併せて使いたいと思っています)ソファの後ろにハートのアーチになるようにバルーンを配置していきたいと考えています。
↓イメージとしてはこんな感じです
http://www.adroom.co.jp/wp-content/uploads/78_1.jpg
http://www.balloon-gift.jp/w/img_item/item_447_1.jpg
風船を浮かしつつ、固定できるような方法を考えているのですが、普通の紐を使ってもバルーンは飛んでいかないものなのでしょうか?スティックを使えばバルーンを固定できると思うのですが、長さが22cmとなっているので、イメージのようにするには少し難しいかと思っています。ちなみに会場の都合上、背面の壁などに貼り付けることはでき無い状態です。

Webサイトの写真拝見いたしました。
どちらもヘリウムガスで浮かばせていますが、このアーチの作り方はテグスなどの透明な糸を水平に張り、そこにガスを充填したバルーンを結びつけています。
バルーン1つ1つに紐をつけるのではなく、1本の糸に風船が連なっています。
どちらの写真も、左右の床に重りが見えます。
1枚目は白っぽい丸い物、2枚目はエンジ色のものです。
1つ1つに紐をつけると、そのままでは飛んでいきますので、必ず重りが必要です。
ただ、1つ1つを長さを調整しながら置いていくのは、手間も時間もかかりますので、前述したように、1本の紐にほぼ等間隔に結びつけた方が、早くてきれいに出来上がります。
1枚目はそうやって作った物を、長さを変えて2組設置しています。


バルーンポップ