バルーンアート用の風船、大きい風船、ハートの風船、細長い風船、プロが使う高品質の風船を販売。

トップページ > 風船でかまくら作り

お客様の声

カテゴリー:風船でかまくら作り

2013.03.10新潟県妙高市 沼倉様

新潟県妙高市の沼倉様より、
当店のジャイアントバルーンを使って「かまくら」を作られた写真を送ってくださいました。

妙高は雪深い地域で、かまくらは冬の楽しみには欠かせないそうです。

 

こちらでは積もった雪山に、あらかじめ風船を入れるスペースをあけます。

そこへ、直径180cmの風船をスポッ ^^

 

そこへピーター(除雪機のことをこう呼ぶそうです)で、風船に向けて思いっきり雪を飛ばしていきます。

一家に1台、除雪機があるそうです!

 

 

 

 

風船がすっぽりと埋まったところで、スコップで風船まで掘っていきます。

そして風船の空気を抜き取り出したら、空間のできあがり〜。

 

立派なかまくらのできあがりです。

あとは形を整えればOK ^^

 

雪をかける時、塩を撒きながらかけると、雪がかっちかちになるそうです。

ただし、入り口まで塩をかけると、あとで掘るのが大変になるのだとか。

 

雪国ならではの知恵ですね〜。

 

それにしても、立派なかまくら!

お写真、ありがとうございました。

 

沼倉様が使われた巨大風船は、こちらのジャイアントバルーンです。

 

 

 

2013.01.16新潟県 石打丸山スキー場のみせ旅館様

新潟県石打丸山スキー場のみせ旅館 twi_mise様から、
海外で巨大風船を使ってかまくらを作った写真をもとに
当店で販売している大きな風船を使って、かまくらを作れるかというご相談をいただきました。

 

なにぶん(福岡県の)私たちはやったことないので、

・あくまでゴム風船なので、鋭利なものが当たったり、圧力がかかりすぎると割れること

・マックスに膨らませるとゴム膜が薄くなるので、若干小さめに膨らませることをおすすめ

ということをお伝えし、ぜひ完成した暁には写真お待ちしてます ^^
と商品を送らせていただきました。

 

そうしたら、後日レポートいただきました!!!

togetterに掲載されたものを許可いただきましたので、こちらでもご紹介いたします。

 

 

まずは整地作業。

 

風船設置、飛ばないように3方向ポールで押さえる。もっとあった方がいいのかも。
直径180cmまで膨らむみたいだけど、ビビリなんでちょっとそこまではいかなかった^^;

 

頼りになります森農機さん。
だいぶ埋まってきたけど、元の大きさと雪の厚みどれくらいにしたらいいかわからなくなりそう。

 

とりあえず山はできた、ちょっといびつだけど。

 

風船の口を探しています。あった‼

 

風船が凍り気味なのか空気の抜けが悪い。

 

入口と下の風船の丸みの部分広げて完成。
背は立たないけど、大人2人入れるくらいの広さ。

初めてにしてはまあまあの出来かなと^^;
また機会がありましたらお世話になります。

 

 

ブラボ〜〜でございます!!^o^

twi_mise様、素敵なレポートありがとうございました。
福岡県人びっくりです。風船でかまくらができるなんて。

たくさんの雪国のお客様の参考になると思います!

ありがとうございました ^^

 

twi_mise様がかまくら作りに使われた風船は、こちらのジャイアントバルーンです。

 

 

 


バルーンポップ